リラックスしたゴルフスイングでも平均飛距離270ヤード!

ゴルフのスコアは、いかがでしょうか?

私の方は、ネットでたまたま見かけたスイングに一目惚れし、そのスイング理論習得に励んでいます。

そのたまたま見かけた動画がこちら(開いて直ぐ1番目にある動画です)

しなり活用!ゴルフ「リズムシンクロ打法」

スイングが綺麗だと思いませんか?

私もこれまで色々なDVD等を見てきましたが、その多くは、タイガーウッズや石川遼などの体力のあるアスリートでなければ、とても真似できないものでした。

さらに、プロは簡単だと言うけれど、数字や小難しい理論によって、月一ゴルファーでは体がガチガチになり、かっこ悪いへんてこなスイングとなりそうなものが多かったです。

その点、この森本さんのスイングは、誰でも真似ができそうでいて、理想的で綺麗なスイングなのです。

不思議なのは、ここまでリラックスしたスイングなのに、平均飛距離が270ヤードも飛ぶんです!

このゆったりスイングを身に付けるべく、ここ1ヶ月、リズムシンクロ打法の習得に励んでいます。

今までの悪い癖がなかなか取れずに、まだまだ習得するに至っていませんが、DVDの販売ページに書いてある「スイングリズムを全て一定にする」という点を守るだけでも気が楽になり、とてもリラックスできるので、スコアUPにつながっている気がします。

私は、もう少し練習してから、特典にある森本プロの映像診断を受ける予定です。

映像診断やスカイプ(電話)相談などがある教材は見たことが無いので、ぜひあなたも通信制DVDレッスンを受講されることをおすすめします。

さらに、今なら返金保証も付いています!

しなり活用!ゴルフ「リズムシンクロ打法」




ゴルフの飛距離にお悩みならこれです

ゴルフで最近悩んでいることがあります。それは・・・「飛距離」

昔はそれほど意識しなくとも、同伴者をオーバードライブできていたのですが、還暦が近くなった最近では、逆に同伴者に置いて行かれることが多くなりました。

友人には、

「飛ばせば飛ばす程、リスクが高くなる」
「ゴルフはスコアの競技、飛距離なんて関係ない」

等と言ってごまかしていますが、やはり友人より飛距離が出ないのは面白くありません。

そこで、最近飛距離UPを目指して、あるゴルフDVDを購入しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



このゴルフDVD、解説者の先生のスイングが凄いです。

何が凄いって、「スイングが超綺麗」なのです。

身長約160センチ、体重約50キロ、この小柄の体格で、平均270ヤードも飛ばすのですが、そのスイングが、ゆったりとした綺麗なフォームなのです。

サイトの中程に動画があるので、一度彼のスイングを見てみてください。いかにスイングが“凄い”か、よく分かると思います。

私もこんな、体に無理のないスイングで270ヤード飛ばしたい!と思い、先日DVDを購入しました。

3週間程このDVDで練習していますが、結構スイングフォームが改善されたように感じます。

まだコースに出ていないので正確な飛距離は分かりませんが、練習場の感覚では飛距離も伸びているようです。

もし、あなたも飛距離にお悩みなら、このDVDを参考にしてみてください。

●綺麗なスイングフォーム
●年齢、体格関係なしの飛距離UP

を手にすることができると思います。今一押しのゴルフDVDです。

しなり活用!ゴルフ「リズムシンクロ打法」




とてつもないスピードでゴルフが上達する人達

●飛距離が出ない・・・
●ミスショットが多くて、スコアを縮める事ができない・・・

その原因は、今あなたが常識として信じているゴルフ理論です。

一般的に、アマチュアゴルファーの最終目標でもある平均70台のシングルプレーヤーになるためには、毎日の自己練習はもちろん、最低でも年間30回以上のラウンドを回らなければならないと言われています。

さらにそこまでしても、シングルになるまでに約3〜5年の時間がかかり、膨大な時間と莫大なお金を費やさなければ、ゴルフは上達していかないというのがこれまでの常識でした。

しかし、それは以前の古いゴルフ理論での話です。

実は今、多くのゴルフプレーヤー達が、時間やお金を費やさずに短期間で飛躍的にスコアを縮めています。例えば・・・

■平均スコア120からいきなり90台で回れる
■ゴルフ歴たった3年で、72のパープレーで回れる
■ゴルフ歴1年にして、ドライバーで平均260ヤードも飛ばせる
■スライス、トップ、ダフリ等のミスショットもなくなる

もちろんこれは、その人達が一般の人よりも時間やお金に恵まれ、ゴルフに集中できる環境が整っていたからという訳ではありません。

ましてや、体格や体型、才能(センス)等にも恵まれていたという訳でもないのです。

さらに、練習時間に関しても、ラウンドでプレーできるのは月に1回あればいい方で、あとは週に2回〜3回の打ちっぱなし、もしくは自己練習がメインでした。

そんな、とてつもないスピードで上達する人達が、続々と誕生しているのです。

こんなとんでもない実績を持っている最新のゴルフ理論を、特別にあなたにもお教えしようと思います。最新といっても、このゴルフ理論はいたってシンプルです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



一応念のために言っておきますが、ゴルフはスイングがすべてです。

狙ったターゲットに球を真っすぐ飛ばすために最も重要なことは、「正しいスイングを身に付けること」です。

正しいスイングさえ身に付けてしまえば、あなたも彼らと同じように驚くべきスピードで上達することができるでしょう。

事実、これまでにこの最新ゴルフ理論で正しいスイングをマスターした3万人以上のゴルファーは、皆例外なく、あっという間に驚くほどボールがまっすぐ飛ぶようになったり、ドライバーはもちろんのこと、番手ごとのアイアンの飛距離も格段に上がっています。

スイングをマスターした者は、ゲームを支配する。

これを忘れないようにしてください。

「では、どうすれば谷さんのスイング理論を学べるのですか?正直、スクールに通うような時間は取れないんですが・・・」

その最新ゴルフ理論は、こちらですべてお伝えしています。

写真も見れます⇒谷将貴のゴルフ非常事態宣言




正しいゴルフスイングを身に付ける3つのポイント

ゴルフ練習場に行く機会が最近多いのですが、カクカクした不自然なスイングの人を見かけることがあります。

恐らく、スイングのチェックをしながら練習しているのだと思いますが、あのような光景を見ると、「ゴルフ上達へ遠回りしているなぁ」と感じます。

ゴルフのDVDを見ると、よく先生が、

●腰の回転角90度
●手首の角度45度
●インパクトでは手首を5度・・・

このように事細かに説明しています。

その結果、スイングの各段階でこれらの角度を正確に再現するべく、練習場でまるでパラパラ漫画のようにカクカクとした不自然なスイングをしている人が多いのです。

しかし、ゴルフ上級者で、ここまで事細かに体の各所の角度を気にしている人はいません。

正しいゴルフスイングをした結果として、上記のような正しい体の動きに収まっているのです。

つまり、ゴルフ初心者と上級者では、アプローチの仕方がまるっきり逆なのです。

ゴルフ上級者は、正しいゴルフスイングの結果として、体の各所が正しい角度に収まっているのに対し、ゴルフ初心者は、体の各所の角度や数値を再現すれば正しいゴルフスイングになると考えているのです。

もし、あなたがゴルフ練習所でパラパラ漫画のようにスイングチェックを行っているなら、今日からアプローチを変えてみてください。

正しいゴルフスイングをすることができれば、手首や膝、腰の角度は正しい数値に収まっているのです。

では、正しいゴルフスイングを身に付けるには、どうしたら良いのか?それには、下のホームページが参考になります。

正しいスイングを身に付けるポイントは・・・

●ドライバーからウェッジまでスイングリズム一定
●8番アイアン1本で練習する
●体重移動を極力しない

この3つです。詳しくは、下記URLを参照ください。

しなり活用ゴルフ「リズムシンクロ打法」

※手首や膝の角度、腰の回転角度等々、チェックする箇所が多くてこれまで難しく感じていたゴルフスイングが、いかに簡単かよく分かるはずです。




ゴルフの飛距離に悩んでいませんか?

あなたは、もしかして以下のようなことで悩んでいませんか?

■ドライバーが飛ばない・・・
■ゴルフの本や雑誌を読んでも全然上達しない・・・
■真っ直ぐ高い弾道で飛ばしたいが、スライスやフックばかり・・・

■スイングが安定せず、飛距離にバラつきが出る・・・
■ボールが飛ばず、セカンドの距離がいつも残る・・・
■スコア100を切ることができない・・・

打ったボールが思ったように飛ばない・・・それは、ゴルフの楽しみを半分失っているとも言えます。

このプログラムは、TVや雑誌で話題のゴルフ有名ツアープロコーチが監修した、「飛距離」に特化したゴルフレッスンプログラムです。

こちらをクリックして、じっくり読んでみてください。

ロングドライブプログラム




ゴルフが上達するための正しい体の使い方とは

もしあなたが、ゴルフが上達しないとお悩みなら、今から紹介するこの練習法は「目からウロコ」のものとなるでしょう。

大手ネットショップスポーツ部門1位!
ゴルフメカニック誌でも紹介!
全日本シニア優勝者など推薦多数!

たった5ラウンド以内に100を切る【3つの秘訣】を限定公開中です。これを実践された方々の喜びの声をお聞き下さい。

『スライスやトップ、ダフリが出なくなった。』(香川県 47歳 綾部様)
『3ヶ月で109→88になった。』(東京都 60歳 新田様)
『綺麗なオンプレーンスイングが身に付いた。』(栃木県 55歳 飯塚様)
『安定して90が切れるようになった。』(広島県 42歳 岡田様)

ゴルフ7日間シングルプログラム 雑誌で話題の小原大二郎プロによる最短最速ゴルフ上達プログラム 5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!

もしかしてあなたは、今こんな状態ではありませんか?

・ティーショットで毎回スライスしてしまう。
・アプローチの精度が全然上がらない。
・練習場ではできるのに、ゴルフ場ではダフリやトップしてしまう。
・どうすれば上手くなるかわからない。
・もうゴルフをやめようかと思っている。

こんな状態から抜け出せず、スコアがずっと伸び悩んでいませんか?

なかなか上達しないため、「もうゴルフやめようかな・・・」と、ゴルフを諦めかけていませんか?しかし、どうぞ安心してください。

これから教える上達法を使えば、ミスショットは無くなり、スコアは劇的に伸びていきます。

ここでハッキリと言っておきますが、スコアが上がらない、ミスショットが止まらない、ゴルフ場だとミスが出る・・・こういった原因は、あなたのせいではありません。

あなたが常識だと信じている練習法に原因があるのです。

毎日DVDやビデオ、本、雑誌を見てゴルフ理論を学び、そして週末は打ちっぱなしで練習、ゴルフ場で実際にラウンド・・・

ゴルフを上達したいと思ったら、まずこのようなことをする方がほとんどだと思います。

しかし、それでゴルフが上達できたでしょうか?答えは「NO」だと思います。もちろん、これらの方法が悪いと言っているわけではありません。

ですが、これらの方法は時間もお金もかかる上に、今自分が何をするべきなのかを見失いがちです。

・今自分は何をすればいいのか?
・本来覚えるべきテクニックとは何なのか?
・自分にとって最も理想的な体の使い方とは?

このことがわからないと、100を切ることは難しいでしょう。

ゴルフを上達するためには、正しいカラダの使い方を覚える必要があります。

しかもプロにしかできないようなものではなく、誰にでも通用する、本当に基本的なもので十分です。

たった3つのポイントをおさえるだけで、誰にでもシングルを達成することは可能なのです。

『今まで散々いろいろ試したけどダメだった・・・』

あなたは不安に思うかもしれません。ですが、安心してください。この方法は、よくある「付け焼刃的なゴルフ理論」とはまるで違います。

既に12,849人が、この方法で100切りを達成したと、喜びの声を頂いています。

首を傾げながらゴルフを練習したり、100が切れないと嘆くのは今日で終わりにしませんか?

ゴルフ7日間シングルプログラム 雑誌で話題の小原大二郎プロによる最短最速ゴルフ上達プログラム 5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!

自己中ゴルフマニュアルの感想

私は、年1回お付き合いのコンペに参加する年一ゴルファーです。

ゴルフの練習にもほとんど通えません。ですから、スコアはたいてい100〜110程度、悪い時は120台の下手くそゴルファーです。

でも、一昨年だけ、なぜかわからないのですが、90台で回れました。なぜ90台で回れたか考えなかったので、昨年はまた110台に逆戻りでした。

特別な練習をしたわけでもなく、技術が上達したわけでもないですから当然です。

そして、その90台で回れた一昨年を思い返しながら、このマニュアルの『理論編』を読んでみると、「なるほど!」とすごくシックリ納得できました。

7年間100を切れなかった月1サラリーマンが突然92を叩き出した!「自己中ゴルフ」のススメ

技術レベルが変わらなくても、考え方を変えるだけでスコアを縮めることはできるんですね。

これは、頻繁にコースや練習場に通えない一般ゴルファーにとって、大変ありがたいことだと思います。

『実践編』の最初に出てくる「1.練習場でやるべきこと」・・・こんなこと考えたこともありませんでした。

9ページに書かれている「グリーンの●●●の認識と自分のショットの●●●の関係」も目からウロコでした。これをするだけで、かなりスコアの改善に繋がると思います。

スイングを向上させようという技術向上が中心のマニュアルではなく、考え方と自分の●●●を知ることで、スコアアップを狙う教材ですから、即効性が高いと感じました。

写真や図が多用されているので、イメージも掴みやすいです。

100台で回ることに気恥ずかしさや、同伴者に迷惑を掛けずにスムーズに周りたいと思っている方には、とても有益なマニュアルだと思います。

7年間100を切れなかった月1サラリーマンが突然92を叩き出した!「自己中ゴルフ」のススメ

5ラウンド以内に100を切る、目からウロコのゴルフ練習法とは

『5ラウンド以内に100を切ってやる!』・・・そう言ったら、他のゴルフ仲間はみんな笑った。しかし、その30日後・・・

もしあなたが雑誌や本を見て、首をかしげながら練習しているのなら、この練習法は「目からウロコ」のものとなるでしょう。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ネットでの人気No.1のゴルフ教材です。

■大手ネットショップスポーツ部門1位!
■ゴルフメカニック誌でも紹介!
■全日本シニア優勝者など推薦多数!

しかも今なら、たった5ラウンドで100を切る3つの秘訣を限定公開中です。

ゴルフ7日間シングルプログラム 雑誌で話題の小原大二郎プロによる最短最速ゴルフ上達プログラム 5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!

ゴルフボールの曲がりを自由自在に操れるようになる方法とは

このDVD教材で身につけることができるテクニックは、「ボールの曲がりを自由自在に操れるようになれる」ということです。
藤井誠の『曲げて攻めるアイアン』 〜ドロー・フェード・フック・スライスを自由に操る〜

確かに、ドライバーを真っ直ぐ遠くに飛ばすことも重要ですが、コースに出ると、アイアンの使用頻度が高くなります。

アイアンは、ティーアップされたドライバーショットとは違い、

●傾斜のある場所
●地面がデコボコな場所
●前方をさえぎる障害物がある場所

様々な状況から打たなければなりません。そこで役に立つのが、曲げて攻めるアイアンです。

地形のせいで曲がるボールを打たされるのではなく、あなた自身がボールの

「曲がる大きさ」
「曲がる方向」

をコントロールして打つことによって、積極的にコースを攻めることができるようになるのです。

自分自身でボールをコントロールするからこそ、スコアアップにつながるのです。偶然ではなく、これは必然です。

もちろん、ボールの曲げコントロールを身につけるには練習が必要です。コチラの映像をご覧になり、頭にインプットして練習をしてください。
藤井誠の『曲げて攻めるアイアン』 〜ドロー・フェード・フック・スライスを自由に操る〜

ゴルフでのスライスを根本から治す素振り方法とは

ゴルフの悩みの多くは、スライスです。

スライスが治れば、飛距離が出るのに・・・
スライスが治れば、OBが怖くないのに・・・
スライスが治れば、100が切れるのに・・・

しかし、スライスを治そうと何年も練習しているけど、治らない事が多いです。

なぜスライスが治らないのか?それは、小手先の矯正をするから、いつまでたってもスライスが治らないのです。

スライスは「ある素振り」をする事で、【簡単に】しかも【根本から】治せるのです。

あるポイントをおさえ、ある素振りをすると、スライスは治ります!あなたは、一生スライスで悩む事が無くなります。

スライスが根本から治る、ある素振りとは・・・今だけ無料公開中です。
やれば上手くなる「タオル素振り上達法」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。