簡単にドライバーの飛距離が伸びる「一つの動き」とは

飛距離を伸ばしたいゴルファーは必見です。

なんと、たった数球の練習で、20ヤードも飛距離がアップする方法があります。

「そんなのウソでしょ?」・・・そういう声が聞こえてきそうですが、事実なのです。

この山田式スイング法は、簡単に飛距離が伸びるスイング法です。その証拠として、この方法の実践者の声をお読みください。

============ここから============

初めまして、私は大阪府に住む37歳の男です。

ゴルフ歴は約15年で、本格的に始めたのは5〜6年ぐらいです。今のアベレージは97ぐらいです。

少し前は、80台をよく出していたのですが、ドライバーの飛距離があまり出ず(キャリーで200Yぐらい)、もっと飛ばしたいとスイングを変え大振りするようになったため、飛距離も伸びずスコアが一気に悪くなりました。

それからは、スイングが元に戻らず、一向に良くなりません。そこで、ドライバーの飛距離を伸ばしたく、山田先生の教材を拝見する事にしました。

最初、教材を見て、「なるほどねー」の連続でした。

早速、久しぶりの打ちっ放しに出かけて、一球目、ドキドキしながらドライバ−を握りました。

頭の中で、教材で習った事をイメージしながら打つと、なんとなんと前とは違いました。

何球か打っているうちに、明らかに前とは違う力強い球筋になり、飛距離も10〜20Y(キャリーで210〜220Y)は、伸びています。

感激でした!これも山田先生のおかげです。ありがとうございます。

やっぱり圧巻だったのは、山田先生の編み出した「一つの動き」が、このパワーを引き出していると思います。

これからもっと練習して、目標のキャリーで250Yぐらい飛ばしたいです。

============ここまで============

彼が実践したことは、一体何でしょうか?

彼がやった事とは、たった3分試しただけでぐんぐん飛距離が伸びる「あるスイング」をマスターしたこと、ただそれだけなのです。

今より30ヤード以上、しかもストレートな弾道を飛ばす山田式スイング法の秘密はこちらからご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓





【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。