一般的なゴルフスイングでは曲がりやすい

「体重移動をしちゃいけないだって?そんなバカな!?」

一瞬、耳を疑いました。彼は、日本でこそあまり知られていませんが、海外では超有名なプロゴルファーです。

彼が言うことだから、何かワケがあるはずだと、まずは彼のスイングを見てみることにしました。

すると、やはり!彼が打つボールは、まっすぐ一直線にグングン伸びていくのです。これは何かあるに違いないと、注意深く聞きました。

『腕を振っちゃダメだよ。腕は体にくっつけて打つんだ。』

なんと、次は「腕を体にくっつける」だと?

考えただけでも打ちにくそうですが、彼のスイングを見る限り、ラクに振っているのに真っ直ぐ飛ぶのです。

彼が言うには、『そもそも一般的なスイングは曲がりやすいようになっている』とのことです。

腕と腰を別に動かすのでは、少しタイミングがずれただけで、スライスやフックが出やすいのです。

なるほど・・・半信半疑ながらも、少しずつ納得し始めている自分がいました。彼は続けます。

『まさか、回転なんかしてないよね?回転じゃあ、飛ばないからね』

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。