アプローチに欠かせないアイアンのテクニックとは

ゴルフのレベルが上がれば上がるほど、1本で沈めるパターの重要性が高まってきます。

手に汗握る緊迫したパターですが、ここで一つ言えることは、例え1打で無理でも、2パットで必ず仕留めなければいけないということです。

その重要な鍵を握っているのが、パターの1本前のアプローチを、30ヤードにも広がる広大なグリーンのどこに寄せるのかということです。

スコアアップにおいて、アプローチは欠かすことができない重要な戦術であります。

しかし、これほど重要な鍵を握っているにも関わらず、アプローチの練習に時間を割くゴルファーが少ないのが事実です。なぜでしょうか?

●ドライバーやロングアイアンは楽しいからでしょうか?
●練習レンジで数ヤードの練習は爽快感が無いからでしょうか?
●練習できる場面が少ないからでしょうか?

でも練習場では、たっぷりと打つ時間はあるはずです。しかし、その時間の何割をアプローチにあてて真剣に取り組んでいるでしょうか?

ゴルフ関係者の間で「小技のスペシャリスト指導者」として有名な藤井プロが、『50ヤード以内の完全攻略法』のプログラムを作成していますので、ご覧ください。

あの有名なスポーツ選手も、モデルとして出演しています。

藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラム 〜3打以内で上がるためのショートアイアンテクニック〜


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。