ゴルフでついに100切りです!

『前回、100切り目前で、4年越しの100切りの夢がついえたYと申します。

しかし本日、ついにその日が来ました。

OUT:48 IN:49 TOTAL:97
やりましたー!^^

朝、ドライバー→アイアン→ウェッジでシュミレーションのような練習をし、感覚を確かめた後、いざコースへ。

本日はマニュアル通り、パーオンは無理に狙わず、もっぱらボギーオン2パット狙い・・・結果、OUTは48。

この時点での感想としては、100切りは狙えるポジションではあるものの、後半に少しへましたらやばいな、という焦りもややあり。

(せめて2回くらいパーが出てくれて、45−46だったら、「これはいける!」と思ったかもしれません。)

そして後半の初めのホールは、前回池ポチャとOBで9を叩いた、忌まわしきIN10のロングホール(距離短め)

今日は、「少しでも危険な所は7番アイアン以下しか使わない」と決めていたので、7番を使ったところ、楽々池越え。

そして3打目でグリーンエッジに乗せ、パーを確保!これで波に乗って、あとはそこそこ安定していけた感じです。

しかし、案の定、10を叩いても99、という最終ホール(IN18)で試練が待ち構えていました。

ティーショットを大きく左に曲げ、2打目は出すだけ。そして池超えの3打目(せいぜい100ヤード)は、なんとシャンクして池ポチャ・・・

嫌な予感がしてきました。最終ホールでgame over...?

そして、手がブルブル震えて打った5打目は大きく左へ。バンカー越えの60ヤードが残る。

もうどうにでもなれ、と打った6打目はなんと・・・ピンそば2ヤードくらいのところに落ちてくれました!

神様ありがとう。。。(涙)

そのパットはわずかに外れたものの、2パットでしずめ、最終ホールは本日はじめての(+4)。。。

でもなんとか100を切れて良かったです。

それにしても、最終ホールの100ヤード地点からグリーンまでは本当に長く感じたなぁ・・・

終わってみての感想は、100切りの瞬間は死ぬほど嬉しいだろうと思っていました。

しかし、実際は「終わって本当にほっとした。。。もうこんなに始終張り詰めた気持ちでゴルフをするのは結構しんどいなぁ」というものでした。(苦笑)

でも喜びは後からじわじわ沸いてきてますね。さて、次からは100という数字にとらわれず、もう少しのびのびとプレーしたいと思います。

そうしたらもうちょっとリラックスして球が打て、もっといいスコアになるかなぁ・・・

もちろん、無理なパー狙いはせず、きっちりボギーをとり、ここぞという時だけパーを狙いにいく、というようにしたいと考えております。

もうすぐ結婚しますので、ゴルフに行くためのお小遣いはかなり限られてくると思います。

でも週2回程度の練習、及びラウンド(月1行けるかな。。。)は続けていきます。

そして、火がついたゴルフへの情熱、及びちょっとはマシになってきた技術を高める訓練をしていきたいと思っております。

いつか、「90台で楽しくゴルフする会」でコンペできたらいいですねー。

この度はマニュアルやメルマガにて、いろいろアドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました!今後とも宜しくお願いします!』

==============================

13人に1人が100を切っています。
7年間100を切れなかった月1サラリーマンが突然92を叩き出した!「自己中ゴルフ」のススメ

タオルを使ったゴルフ練習法とは

難しいゴルフ理論やスイング理論では、ゴルフは上達しないんです。

ゴルフは素振りだけでも簡単に上達するのです。

効果的な素振り、上達できる素振りを知れば、あなたのゴルフは簡単に上達するのです。

そこで、あなたにご提案する練習法は、どこの家庭でも必ずあるもの・・・【タオル】を使った練習法です。

タオルを振るだけで、スイングのだめな部分がわかり、矯正できてしまうというから驚きですよね。

タオル素振り上達法・・・いかがですか、試してみませんか?

今から練習を始めて、楽しいゴルフをしてくださいね。
やれば上手くなる「タオル素振り上達法」

ゴルフ上達に大切なのは考え方

ゴルフを始めたとき、またレッスンを受けるとき、あなたはこんな言葉をかけられると思います。

『ゴルフは基本が大事。基本を忠実に守ってください!』

でも、よく考えてください。

『基本を忠実に守っている』今のあなたは、どんな状況ですか?

スコア100を切り、ピンそばにピタリと寄せる技術がありますか?

そもそも、基本に忠実になることでスコアが上がるのならば、誰もがゴルフ上達に苦労せず快適にプレーできるはずです。

大切なのは考え方です。才能なんて関係ありません。体力なんて関係ありません。

私が発見した『ある理論』さえ知ってしまえば・・・
↓ ↓ ↓


プロのテクニックを身につけることができて、難しいシチュエーションでもベタピンに寄せることができるようになるのです。

安心してください。ビックリするほど簡単ですから。

その理論とは・・・
【ゴルフ】横田真一ゴルフの理 達人への道
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。